小児外科は生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)から学童期(中学生:16歳未満)までのお子さん方の外科治療なら国立岡山医療センター小児外科まで。

〒701-1192 岡山県岡山市北区田益1711-1
TEL 086-294-9911(代表) FAX 086-294-9255(代表)


外来診察日

 午前午後
中原 
後藤仲田
仲田  
後藤/中原 検査日
青山  


NEW
IMG_5823
BLOG

2018.04.30(月)
新年度あいさつ
今年4月から、岡山医療センター小児外科に

cfa25_0003702110_1
BLOG

2018.04.16(月)
第59回中国四国小...
4/13-14にかけて、高知に行ってきま


小児外科について

国立病院機構岡山医療センター小児外科は、名誉院長の青山興司を中心に、数十年にわたり、中国地方東部の小児外科医療を担って参りました。現在でも、岡山県下だけではなく、広島県東部、島根県、鳥取県、兵庫県西部などの広範囲な地域より、多数の小児外科・小児泌尿器科疾患の患児を受け入れています。また、当院は、岡山県の周産期医療の中心を担うべく、倉敷中央病院とともに岡山県総合周産期母子センターに指定されています。したがって、多くの新生児の外科的疾患の治療を行っています。


医師紹介イメージ

医師紹介

小児外科の担当医。資格や外来担当日をご紹介いたします。
 

実績イメージ

実績

中国・四国地方では最も多く小児の外科手術を行っています。安全に、低侵襲で、傷のきれいなそして術後の機能を重視した手術が我々の目標です。